FC2ブログ


スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

ペリリュー島 戦跡巡り

category: 未分類  

恒例のパラオツアー、最終日の早朝ダイビングを全員パスして(笑)、行って来ましたペリリュー島戦跡巡り
私、2012年にも行ったことがありますので、今回は自分よりも皆さんにお付き合いのつもりで行ったのですが、行って良かったです、新しい発見や戦争の違った見方が出来た事が心に刻まれました。
また戦後70年が経つわけですが、4月9日に天皇陛下がご訪問されるということもあって、色々考えさせられることもありました。
2012年の写真と合わせて変化なども見てください。

先ほども申しましたように、来月陛下がご訪問させると言うことで、ペリリュー島だけでなくコロール町中も道が綺麗になり草も刈られて整備が進められてました。現地のガイドの話ですとすべて日本からの援助だとのこと・・・・。

2012年に行ったときとは違うサービス、違うガイドで出発です。
IMG_6106.jpgIMG_6105.jpgIMG_6107.jpgIMG_6112.jpg
今日が一番の凪です、紫外線は日本の5倍とも7倍とも言われるパラオ、暑いのもヤバイですがその何倍も紫外線がヤバイです、しかも一緒に連れているのは、お肌の曲がり角は遙かかなた昔に通り過ぎているおばさん2名(笑)、タオルで完全防備してます。

ペリリュー島北側の港に到着です、桟橋が出来てました。
IMG_6117_20150326144217709.jpg

日本から寄贈された船、島民の貴重な足に成ってるとのこと。
IMG_6118.jpgIMG_6119.jpgIMG_6120.jpg

船着き場はこんな感じです。
IMG_6122.jpg
ここ2012年は桟橋もなく、こんな感じでした。
IMG_8819.jpgIMG_8817.jpgIMG_8818.jpg

まずは資料館へ
IMG_6125.jpg
右上、米軍の艦砲射撃が直撃し空いた大穴です。

入り口の看板と機雷、機雷は台風で打ち上げられたらしいです。
IMG_6128.jpgIMG_6127.jpg

航空に搭載する魚雷(手前)と、日本軍最大の800kg爆弾
IMG_6131.jpg

以前は資料館内の撮影は禁止されてましたが、いまは撮影できるようになってました。
ですが、以前より資料が少なくなっているのと、一部資料が新しくなっていたのには違和感と不自然さを感じた次第です。戦後70年の月日が実感出来ての資料ではないかと思うのですが・・・。
それでは展示されている資料の一部です、写真は沢山撮ってきているのですが、余り出したく無い気分なのです
IMG_6133.jpg
当時のこの資料館

資料館の中は野戦病院として使われてました。
IMG_6134.jpg

アメリカ軍はコロールではなくて、何故にこのペリリュー島を攻めたか?、それは何よりもこの写真が物語ってます。
当時アジア最大と言われた、十字滑走路を日本軍が持っていたからです。
IMG_6137.jpg
この滑走路を手に入れると、グアムは当然ですが、サイパン、フィリピン、が攻撃圏内に入ります。
ペリリュー島が陥落後はサイパンが落とされ、占領されたサイパンの空港からは、日本を原爆実験にするためのB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」の発進とつながっていきます。

IMG_6135.jpg IMG_6140.jpg IMG_6146.jpgIMG_6145.jpg
機関銃など

あまりにも綺麗すぎる連隊旗、以前は本物が置いてあった記憶が・・・・・?
IMG_6149.jpg

画像大きくしてます、よければ読んでください。
IMG_6141.jpg
IMG_6143.jpg
IMG_6144.jpg
IMG_6148.jpg
IMG_6150.jpg
IMG_6151.jpg
IMG_6152.jpg
IMG_6153.jpg
IMG_6154.jpg

資料館の正面
IMG_6156.jpg IMG_6157.jpg
2012年の正面
IMG_8705.jpgIMG_8706.jpgIMG_8711.jpg

海軍司令部跡
IMG_6158.jpgIMG_6160.jpgIMG_6164.jpg

2012年の海軍司令部跡
IMG_8739.jpgIMG_8723.jpg

95式軽戦車
IMG_6166.jpgIMG_6169.jpg
2012年はこれ
IMG_8760.jpg
キャタピラが片方外れてますね。
この95式軽戦車は、トラックの水深52mに沈んでるサンフランシスコ丸の甲板ににほぼ完全な形で沈んでいるのを見たことがあります。
撮ってきた写真は、私のPCの壁紙にもなってますよ。

今回のガイドさんは当時の写真が沢山載ってる資料を使って詳しくガイドしてくれました
IMG_6175.jpgIMG_6176.jpg
現地で聞いたところ、この本は絶版となっていて国内では中古でも3万円以上で取引されてるとの事でした、3万円は5万円でも買おうかと思ってたのですが、運良く再版されたらしく、定価の¥5400円で手に入れることが出来ました。
42.jpg
まだ、読んでなくてパラパラと見ただけですが、私がこれまで買い求めた大東亜戦争関連の資料や写真の中では最高ランクに入ります。
かなりきわどい写真も掲載されてます。

オレンジビーチ
IMG_6178.jpg
このペリリュー島では日本軍約1200名の英霊が眠られてます。
その血で海岸がオレンジ色に染まったので名前がオレンジビーチと成ったと聞いていたのですが、米軍の上陸作戦のコードネームが「オレンジ」だったのですね。

米軍の水陸両用戦車
IMG_6183.jpgIMG_6182.jpg

日本軍の大砲、大きさと形から200mmくらいの流弾砲でしょうか?
IMG_6185.jpg
IMG_6186.jpg

慰霊碑
IMG_6192.jpgIMG_8792.jpg
反射して見にくいですが、慰霊碑の日付が「昭和64年2月」となってます、昭和は64年までありますが、昭和天皇は1月に崩御なされてますので2月はありません。
作成している途中か、輸送しているときに昭和が終わったのでしょうね?

展望台です、まずは2012年の写真から
IMG_8855.jpgIMG_8849.jpgIMG_8851.jpg
ここもこんなに新しくなってました。
IMG_6194.jpgIMG_6201.jpgIMG_6202.jpgIMG_6203.jpg
時の流れですが、海の青さと森の緑は変わらないですね。
IMG_6195.jpgIMG_6196.jpgIMG_6198.jpgIMG_6200.jpg

展望台を降りてくると
IMG_6206.jpg
IMG_6193.jpg
2012年はここまでは普通に降りてこれましたが、ともみちゃんが立っているこの場所で北田先生の足が急に動かなくなりました。
世の中には不思議な事ってあるものですね。(今回はこの場所では!?、全員大丈夫でした)

その後は、みたま(慰霊碑)、ペリリュー神社や、1000人洞窟をまわって帰路につきました。
IMG_6211.jpgIMG_6212.jpgIMG_6210.jpgIMG_6208.jpgIMG_6207_20150326163402e64.jpgIMG_6215.jpgIMG_6220.jpgIMG_8679.jpgIMG_8786.jpg

大潮でしたので、帰りはこんなに潮が下げ、干上がり真っ白な砂地が現れて綺麗でしたよ。
IMG_6224.jpgIMG_6231.jpg

今回のペリリュー島巡りは、早朝ダイビングを止めにして現地にて行くことを決めましたので、いつものお線香、煙草、日本酒を持って行くことが出来ませんでした、それだけが心残りです。

英霊の皆様、安からにお眠りください。。。   合掌

スポンサーサイト

2015_03_26

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

エターナル・ブルー

Author:エターナル・ブルー
スキューバダイビングサービス エターナルブルーの雑用係

イケイケダイビング大好きのおっさんです(^^)/

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。