05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ツアー三昧

2010年06月29日
今日も雨ですね~、困ったものです

ツアーについてのお知らせです。

今週末も予定しているおおびき島、連日沢山のお問い合わせを頂いておりますが、予約で満員です、申し訳ないですが他の日程にてご検討ください。
おおびき島に行く船は、10t、全長20mもあります大型船、デッキも広くフラットで非常に使いやすいですが、最大で15名位しか乗せません(定員は27名です)
エターナルブルーではゲストを全長12~3m、5~6tの小さな漁船や、5t未満のプレジャーボートにすし詰めにしておおびき島に行くなんて事は絶対にありません

理由は言わなくてもおわかりでしょうが、何よりも安全のためです

エターナルブルーでは、ダイビングにおきましては、ドリフトは標準装備というか当たり前です、北側防波堤に停泊しそこで、ちゃぷちゃぷ海水浴に毛の生えたような、とうことはあり得ませんし、アンカーを打って、船には誰のもこらず全員が潜るなんてことは更にあり得ないです
これで沖縄でしたか鹿児島?でしたか、数年前、潜ってるときにアンカーロープが切れて事故が合っていましたよね考えただけでも恐ろしくて、絶対にできませんよ

そこら辺、エターナルブルーは絶対に大丈夫です!、船には船長含め最低でも3名以上は残りますから、しかも船長はじめとして船スタッフも全員がプロダイバーですので、潜っているダイバーの考え方や動きまでも完全に把握しております

ちなみに
男女群島ツアーにおきましては全長25m、20tもある船に最大で12名しか乗せません(定員は15名)、これは法令で決まっており、男女群島に行ける許可船の定員は最大で15名(船員含む)、これ以上はいかなる理由があろうとも法令違反です。

おおびき島、今度の土曜日こそお天気が良いのを祈りたいです

その、男女群島ツアーですが、エターナルブルーが夏場メインで行きまして、ホームグラウンドとしているところですが、HP・ツアースケジュールをでご確認いただくとわかるのですが、8月末までのツアーはほぼ満杯(うれしい悲鳴です・笑)、特にお盆のツアーは沢山のキャンセル待ちがいらっしゃいます。

また、8月最後の男女群島ツアーには某新聞社様が取材に来られる予定です(明日打ち合わせをします)

冬場の1月~3月はほとんど日本に居ないnikiですが、今年の夏は海外ツアーがお盆を挟んで3連チャンです、タオ島→バリ島→バリ島(fins夏合宿)と続きます。
特にfins夏合宿は20名以上の学生を海外に連れて行きますのでスタッフも総動員です。

ツアーが超忙しい上に平行して各種の講習もこなさなければなりませんので、かなり忙しいですね、今後は泊まりツアーに行かない週末は土曜日はおおびき島などの日帰りツアーえ、日曜日は講習という日が続きそうです。

現在、年末年始のスミランクルーズのチケット手配もしております、昨年9月にチケット手配をして失敗居ましたので今年は早めにしております。
興味のある方は、ご連絡いただければ行程表など資料をお送りいたします。

と、いうおとでかな~~~り、忙しいです。
ご来店時は、メールやお電話にて日時をしていただけるとよろしいかと思います。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

大雨です!

2010年06月28日
梅雨末期の大雨が続いていますね、今日のお昼は側溝から水が逆流して噴水のように飛び出していましたよ、2006年の水害が思い出されます、皆様もご注意ください。

さて、一昨日の土曜日はおおびき島でした、朝からお天気が崩れるとの予報に「どうしようか」、「どうしようか」とさんざん迷ったあげくに中止としましたが、中止にして正解でした~、お昼前からは土砂降りになり、しかも南西の風が強く吹いて、目的としたおおびき島南側のダイビングポイントは、とてもとても潜れるような海況じゃなかったですね。
みんなで、中止にして良かったね~~~と、店で話しました。
おおびき島の北側で防波堤、ピチャピチャダイビングではおもしろくも何ともないですからね(笑)

その土曜日はエタブでのBBQでした
1IMG_3767.jpg
引っ越ししてからBBQは初めてでしたが、皆さん2時過ぎまで○○○なお話で超盛り上がりました、特に0時を回ってからはFさんおお話で檄盛り上がりました、エタブに宿泊組が寝たのは3時を回っておりましたよ(笑)

このブログのコメント書き込みですが、認証制担っております
書き込みがありますと私にメールが来ます、そのメールを認証すると、ブログに反映されて表示されます。そのために表示されるまでにタイムラグがあります。
エロ書き込みや、頭の悪い方々の嫌がらせ書き込みは、誰の目にも触れることなく速攻削除となります
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

南アフリカ

2010年06月24日
日本中ワールドカップでにぎわってますね、今夜はデンマーク戦があるらしいですが、ワールドカップなど鼻くそほどの関心もないnikiです。
それよりかTVをつけると朝も昼も夜も、どのチャンネルもワールドカップワールドカップともっと他に重要なニュースがあるだろう~!(怒)、と言いたくなるのです。

そんなサッカーのお話ではなく、南アフリカから来日していらっしゃるエタブゲストのお話です。
現在教材をお渡しして知識開発の真っ最中なのです
昨年体験ダイビングにこられて、ダイビングが好きなり、1年待っての講習です。
本来ならば英語が堪能な友人のショップをご紹介しようとしていたのですが、どうしてもエターナルブルーの講習が、カリスマイントラnikiの講習が良いとのご指名でした

ですが、このゲスト昨年からするとかなりとうか、驚くほど日本語が更に上手になっておられます、この講習は流暢な日本語と(ゲスト)、意味不明な英語(niki)との講習になりそうです(爆笑)
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

続・高麗曽根

2010年06月23日
<エタブLOGに、高麗曽根3連発を書きましたら、沢山のお問い合わせを頂いております。
しかしながらエターナルブルーでは、今年度はもう高麗曽根ツアーを予定はしておりません、スミマセン。

毎年高麗曽根は5月から6月にかけましてツアーを数回組んでおりますが、やはりこの時期のお目当ては散乱に集まるおびただしい数の石鯛です。
この石鯛の乱舞は圧巻でして、見事に当てた歳はすごくうれしいです。

一口に高麗曽根と申しましてもかなり広いですよ!、かなり広い(広すぎる?)高麗曽根のどのポイントを潜るかは、やっぱりツアーをつかさどるショップオーナーの腕の見せ所でしょうし、できるだけ広く見て回りたいですから、ドリフトダイビングは基本中の基本ですから、そんな意味では船長はじめボートスタッフの腕の見せ所でもあります。

nikiは30年ほど高麗曽根に通ってまして、昔高麗島があり大地震で沈んだ?、高麗島伝説を裏付けるような一直線に伸び、直角に切れ込んでる側溝の様な?、場所や、階段?、柱後?など数々のポイントを把握してます。
最高の高麗曽根をどこよりも的確にご案内する自信があります

その広い高麗曽根でもっともnikiが好きなポイントが『お城』と我々が名付けている場所があります、水底で33~4m、トップで11m、名前の通りお城をそのまま沈めたような形の岩盤がそびえ立ってます。
ここには毎年とてつもない数の石鯛が乱舞してますし、大潮時はかなり汐が走りますので、カンパチやヒラマサなどの回遊魚の大群も頻繁にみれます。

一度ご覧いただければと思います。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |