04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

禁断症状???

2010年05月27日
nikiが海に行かなくなってから40日を過ぎました、もうすぐ復帰するのですが、こんなに長く海から遠ざかったのは初めてのことです。
元々根っからの海人間の私、さすがに40日以上も海に行かないと、身体的ダメージよりも、心のダメージが大きい様でして、ここ1週間ほどは毎日潜っている夢を見ます

これまでは、たわいもない夢が多かったのですが、昨夜見た夢は・・・・・。。。
場所は男女群島の超特急ポイントのSOS、私が潜っていると向こうには黒電話が(昔の真っ黒なダイアルを回すタイプのです)、それを見た私は、なんとマスクもレギュレターも外して一生懸命にダイアルを回して、電話をかけていました、しかも思うようにダアイルが回らず、何度も何度もダイアルを回すのですが、電話がかからないのです、その内に息が苦しくなり、目が覚めました。

かなり、やばい状態でしょ
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

更新

2010年05月22日
HPやブログお話ではありません

この時期エターナルブルーでは色々な更新手続きがあるのです。

まずはPL保険。
製造物責任保険ですが、エターナルブルーではすべての機材をniki自身がオーバーホールいたします、お客様からオーバーホールしてとお預かりした機材を下請けに出して、手数料だけピンハネするなんて事は絶対にいたしません
ご希望ならばその場でバラして差し上げます。
各メーカーのオーバーホール用パーツも多数在庫しております、いつでもお申し付けください。

お次は雇用保険と退職金共済保険
これはどのような業種でも、大きかろうが小さかろうがどのような規模の企業でも入っています、当然エターナルブルーでもちゃんと掛けておりますよ(ちなみに健康保険は某組合のちょっと特殊な保険に加入しております)

そして5月最大の更新は『労災保険』です。
この保険は更新の書類を作るのが非常に面倒なのですよ~!、めんどくさがりのnikiですが毎年きちんと書類を作って更新しております、タンク運びのアルバイトが転んで怪我してでもちゃんと出ますよ

お客様の安全を守るのは当然のこと、スタッフや協力して頂ける方々を守るのも店主としての私の仕事だと考えております
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

niki山に登る

2010年05月21日
1ヶ月以上も更新しておりませんでしたが、ちょっと訳がありまして、先月中頃よりnikiはお休みを頂いておりましたm(_ _)m

海は完全にお休み(現在も)で、どうしても私がやらなければならない学科講習と、事務処理以外は完全にoffでした。
この間にGWなどがあったのですが、私が働かない分、私が海に行かない分はスタッフが頑張ってくれて非常に助かりました~

あと少しで5月も終わりですが、6月1日からは完全復帰いたします

私が1ヶ月も、仕事も、何~~~~~にもしないなんて初めてでしたが、そんな間に、愛知→岐阜→富山→長野と行って参りました。

このルートは数年前に父と母が私の叔父や叔母、従兄弟達と旅行に行った同じルートでして、この時期に私が行くというのも何かの縁があったのかもしれません。

世界遺産に指定されている『白川郷』、トロッコ列車での黒部渓谷、そして北アルプス、立山・黒部アルペンルート、これらを2泊3日で回る旅でした。
特に頂上『雪の大谷』では、2000m以上の標高が有る場所なのに心臓が悪かった母が、此処を歩いたのか、膝が悪かった父がこの急勾配を登ったのかと思うと、何とも言えない気持ちでした。
残念ながら、私たちは悪天候(雨と霧)にて歩いては登れませんでしたが、行って良かったと感じました。

以前から山なんて絶対に登るもんかと公言していた私ですが、たまには山も良いものだと感じた次第です。
みなさんも機会がありましたら一度如何でしょうか。


沢山ある家屋の中で、我々が見せていただいたのは「神田家」、江戸時代に御法度だった煙硝作りで財をなしたとか、この規模の家を建てるのに、10年以上の歳月がかかったそうですよ。
IMG_3828.jpg  IMG_3822.jpg  IMG_3821.jpg
IMG_3837.jpg  IMG_3838.jpg  IMG_3839.jpg


黒部渓谷の玄関、宇奈月駅、ここからトロッコ列車は発車します。窓がありません、乗られるときは雨具は必須です!

IMG_3850.jpg  IMG_3862.jpg

  


アルペンルート入口の立山駅、このケーブルカーで一気に登ります、その後はバスや、トローリーバスを乗り継ぎます。
窓の両側は雪です、最も積もっているところは高さが14m、気温は5℃でした。

IMG_3871.jpg  IMG_3874.jpg


IMG_3875.jpg  IMG_3879.jpg  IMG_3878.jpg


下までこのゴンドラで降りますが、見てください、1本のワイヤーで途中には支柱も何もありません、迫力満点です
IMG_3886.jpg  IMG_3890.jpg  IMG_3893.jpg



当時の金で500億円の工事費と尊い犠牲の上に着工から7年の歳月をかけて完成した、黒部第四ダム
後に工事の過酷さは、小説や石原裕次郎氏主演の「黒部の太陽」など映画で紹介されました。

IMG_3897.jpg  IMG_3900.jpg



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |