FC2ブログ



時は巡ると言いますが、最近のダイビング雑誌を見ると一頃とは大きく変化が出ていますね、今までは病気の発作のように(笑)どのページめくってもマクロマクロでしたが最近はワイドが大きく、また数多く取り上げられていますね、この兆候は昨年より始まってます。

マクロを全くしないワイド専門の私ですのでいよいよ私の時代が来たか~~~と言う感じです。
そうなるとワイドをするフィールドを持ってないショップさんは辛いですね、夏場のシーズンは毎日毎日透明度が10mにも満たないみそ汁みたいなビーチではいくらなんでも『シーズンですね、潜りに来てください』とか、『○○ウミウシがいます、○○の幼魚もいますよ』などとは言いにくくなる?
遠くまで多額の費用をかけて小物のハゼやギンポ、カエルウオなどをミツケにはなかなか行きにくくなってきます。

まーそれは余所様はどうでも良いことですが男女群島に時代が来たるって事は嬉しい限りです!
一昨日帰ってきました男女群島ツアーですが、釣り人がいたのと南西の風で思った通りのポイントは責められませんでしたが、ワイド派には超よだれが出そうな被写体が沢山ですよ。
男女名物のグルクンの群れは何処にでもいますし、オーロラのカーテンのようにキンギョハナダイも群れています。

そして極めつけは水道付近や男女群島でも超A級ポイントであります、『etsuko』『ayumi』『畑曽根』『hiromi50』『masaki』等のポイントには50kほどのキハダマグロにイソマグロ、20~30kのカンパチの大群が回遊してきています、ダイバーの直ぐ近くを泳ぐ姿は圧巻ですよ!

是非是非体感してください。


123.jpg


スポンサーサイト



2007_06_26


朝から凄い雷と土砂降りの雨の音で起きました、南西の風も凄く強く吹いてます。
五島地方の天気予報を聞くと今日は2.5mの波、明日は1.5m→1mの波になるって予報を出していますがほんとうかな~~?、最近の天気予報はイマイチ信じられず疑ってしまいます。

今の風なら明日早朝に出港する男女群島は絶対に無理、風向きが男女群島には最悪の南西です、この風は五島まで行くのも難儀するはずです。
とはいえ遠く東京都大阪から高いチケット代にホテル代を払って迄男女群島の視察と取材に来られるのですから最悪どうにか五島まではお連れしたいのですが・・・・?

今から晴れ晴れボウスつくろうかな~?、遅すぎ???
2007_06_22

スキル

category: 未分類  

週末の男女群島は明日から準備に入ります、大量の水の積み込みや食料品の買いだしと飲み物の買い出しだけでも3時間以上はかかります。
参加する大阪組&東京組からは大量の器材が送られてきてます、ごっつ重いのでどうも重器材だけでなく取材用のカメラにビデオも一緒にきているみたいです。

ずっと天気図とにらめっこしてますがハッキリしないお天気ですね、大シケはないと思ってますが凪でも無いような・・・・、雨は覚悟の上ですがどっちかっていうと降らない方がいい。。。

ここのところずっと講習の連続です、同じ事ばかり毎日毎日やってますのでイントラマニュアルは勿論のことOWマニュアルまで全部完全に覚えてしまってます、講習生に出すRDPの問題なども直ぐにいくつも出てきます。
限定と海洋でやるスキル沢山ありますがこれを上手に教えるのもイントラの腕前でしょう~!、私は講習のスキルとファンダイブのスキルは全く別物だと思っております、もっともどっちもヘタクソのイントラも沢山居ますよね(爆)

そんな中で私が必ず講習生に言うことがあります、それは潜ったり浮上したりマスククリアーしたりフィンピポットや泳いで回ったりするスキルも重要ですが、それだけがダイビングのスキルじゃないです。
スーツを素早く着たりセッティングを確実に早くするのも重要なスキルです。
生徒さんやお客様を見れば何処のショップで育ったか直に分かりますよ、イントラがもたもたするショップで育った方は回りの状況判断もできずにみんなはエントリーの準備が終わってるのにまだスーツさえ着終わってない人さえ居ますから。
私はエターナルブルーの店の他に、店を始める前から一緒に潜っている
男女群島ダイビングチームのメンバー達が居ます。
このメンバーには色々なショップのメンバーが居ますが最初私の所に来たときはかなりとまどっていたというかカルチャーショックを受けたと全員が言ってました、無論ほとんどが300,500,1000本を超えて国内はもとより海外もアチコチこなしてきた強者ばかりです。

例に挙げると
休憩しているとします、夏の船の上ですのでスーツは上半身脱いで腰までですよね、私が「はい!準備して」と言ってからスーツを着てウエイトを付け、BCをからいフィンを履いて手袋をしてマスクして準備が終わりまでに5分以内です、ポイントに移動中で揺れる船の上でこの作業を的確に終えます。
それから船長がOKを出したら全員が3分以内にエントリーを終えます。一緒にエントリーしないとバディからも置いて行かれます、だって潮はガンガン流れているのですから、これが男女群島でのドリフトダイビングです、一人でももたもたする人が居ると全員に迷惑がかかります。

自分の仲間内だけの時は良いですが違うショップで潜ったりリゾートに行ったりしたときはご一緒する他のゲストに迷惑かかりますよね、私は私の生徒さんをその様には育てたくありません、だからダイビングの直截なスキル以外も厳しく言います、自分の器材もいつもキチンと整理整頓、セッティングが終わっているタンクを立てたままにしているのなんて問題外です!、でもこれってビーチダイブがメインのショップはイントラでさえ立てたままにしてますよね、セッティングが終わりタンクを寝かせるのはイントラでアレ初心者でアレ講習生であれ基本中の基本ですよ!
一緒にその日講習を受けたりファンダイブする方にキチンとご挨拶するのも大事です。
ダイビングは遊びです、しかもお金を払ってする遊び、それならお互いに挨拶など交わし、迷惑かけることなく気持ちよく遊びたいですよね。

私の持論は「余所のショップでも潜ってみなさい」です、決して私の店に縛り付けるような事は致しません、どこにっても通用するダイバーになって頂きたいと全ての講習生とお客様にこの思で接しております。
OW終了後でも100本潜ってからでも何処のショップに行ってもそのレベルなりのダイビングができるように仕上げています、それがイントラの講習(教育)能力だと思うのです。

そして私の夢は私の講習生の中からダイビングスキル、講習能力、状況判断、そしてダイバーとしてもっとも大事な自然を相手にする能力等々、私を越えるイントラが生まれることです、どの様な状況でも決して慌てない冷静な判断ができるイントラが生まれるよう、お一人お一人の生徒さんにこれからも接していきたいと想っております。

話は変わり
今週末男女群島の参加者は男女群島に行ける船の定員丁度の12名(決して定員オーバーは致しません)どんなに大きな船でもこれ以上の定員は乗せれません、毎年近隣のショップ経営者は目先の金に目がくらみ定員オーバーを承知の上で沢山のゲストを乗せています、何度も男女で目撃しています、20名、いやそれ以上のゲストを乗せてそんなに一度に水中での面倒見るスキルが引率のイントラに有るのでしょうか?、地形も知らない潮も読めないイントラが・・・・。

明日明日からのゲストは全員が1000本を越えたダイバーでしてその内半数はイントラです、無論目的は男女群島の取材ですが、手がかかる人が居ないのでゆっくり潜れそうです。

楽しんできます~~~~~。
2007_06_21


タイやミクロネシアなど2転3転しました今年の夏休みツアーはインドネシアの秘境、トラワンガンとなりました。
私の店では年間に4~5回海外ツアーに出かけますが、夏休みツアーはこの時期しか長期のお休みが取れない方の為に毎年企画しております。

今年行きますインドネシアはロンボク島の直ぐ近くに有りますギリ3島の中の一つ「ギリ・トラワンガン島」ですが、
私は此島には沢山の思い出がありまして今年また行けると思うとかなり嬉しいです!、必ずやお客様にも満足して頂けると思います。
タダツアー代金が7泊8日、15ボートダイブで24万円となりエタブのツアーとしてはお高くなったのが気になってましたが、参加メンバーの方からは、食事も夕食以外は全部付いてるし、ツアー中の飲物も付いてる、現地で追加で支払うのは1円も無いから、このツアー内容なら安いくらいですよと言って頂き少し安心しました。

また利用するホテルも超豪華です。
「ビラ・オンバック・トラワガン島」この島で最高のホテルです。
ヌサペニダでは「ヌサレンボンガン・ココナッツリゾート」此処も素晴らしいロケーションの超豪華ホテルです。

トラワンガンでのダイビングではマクロからワイドまでなんでも楽しめます、沈船も多いですよ。
特質すべきはビーチエントリーでもマンタが見れることです、今回は全てボートダイビングでビーチダイブはしませんがビーチからマンタが見れるところはそうざらには無いのではないでしょうか?
カメなんかもかなり多いです、他には各種のサメ類あとインドネシアでは
個体数の少ないアオマスクやチリメンヤッコ、バリ島ではムンジャンガンにしかいないイナズマヤッコ、そしてバリ島にはいないキハッソク、ゼブラバッド等々、そしてこの時期が最高の巨大マンボウも必ずやお見せします!、今まで一度だって外したことはございません。

昔私が初めてナイトロックス(エンリッチドエアー)をしたのも此島でした、面白くて20本ほど連続でこればかりで潜ってましたよ、今回もご希望の方はエンリッチのスペシャルティー発行してあげますよ。

今年はお陰様で毎日毎日海とプールそして学科講習、週末は男女群島と超多忙で嬉しい悲鳴です、だからこそ超豪華なホテルで過ごすトラワンガンツアーはお客様以上に凄く楽しみです、あわただしい日常から離れて現実離れした空間でゆっくりと疲れた心と体を癒したいです、ビーチを散歩しならが夕日を見て飲むビールは最高でしょうね~~~。

余談ですが今年は9月始めに学生さんの夏合宿に沖縄に行かなくてはなりませんこのトラワンガンツアーの手配をしている時に、台風の来ない海外ツアーで合宿したらとバリ島8日間、15ダイブ(6ボート・9ビーチ)全食事付きで14万円となりました、学生ツアーは以前ですと12万円で行けたのですがお高くなりました燃料サーチャージの18600円が大きくのしかかってますね~、国内線も燃料代の追加があるのかな?


チョット昔の写真でですがトラワンガンビーチでの私、昔の写真なので今よりは髪も多い?(笑)、お腹も今より凹んでますね。
1.jpg


遠浅のビーチです、でも沖は一気に深く落ちて行っています、海の色が砂の白からブルーに極端に変わります。
此処では沖に停泊しているバンカーボートでダイビングします、ポイントは島の直ぐ近くに沢山ありますので船に弱い方でも大丈夫ですよ。
3.jpg


これが島全体です、低い小さな島です。
写真で見ると波があり時化てる様に見えますが時化てなんて居ません潮が速いので時化てるように見えてるだけです。
2.jpg


2007_06_20

体力勝負

category: 未分類  

約2週間ぶりネット環境に戻ってきました、このブログも久し振りの更新です。

別にさぼっていたワケじゃないのですけど、自宅のPCがぶっ壊れ、また店にはPCはデスクトップ&ノートパソコンと2台有りますが沢山のお客様の大事な個人情報が沢山入っていますので保護するために、もしもの場合を考えましてネット環境に有りません、ですので唯一ネットで使えるのは事務所内のパソコンだけなのです、久し振りにPCの前に座っています。
今日までの激務は一日中プールは勿論のこと、1日を3行程に分けて
例えば午前中プールで午後からは海、夕方から学科講習、午前中学科講習で、お昼からプール、夜はまた学科講習、そして3日間連続で日中はずっと海に入っていた日もありました。
40越えた体には結構キツイです(笑)、スタッフは勿論のこと沢山の協力者の皆様に私の店は支えられてるんだと実感した週でもありました。

今週もこの忙しさは続きブログの更新やlogの作製もナカナカできませんが講習生の皆様に喜んで頂けるように頑張ります!

そして今週末は男女群島ツアーもございますよ、男女の水温や現在回遊してきている魚などの詳細な情報、水温や気温、今の時期だけの見所などはメンバー専用BBSに情報を流しています。

それと全くダイビングとは全く関係ない話しですが本日6月18日は結婚記念日でした、嫁から携帯にメールが来まして気が付きました、全くというか完全に忘れていました(笑)、ま~例年こうでして気が付いたらそうだって感じです。。。


写真はダイバーになった新入生と講習をサポートしてくれた上級生の皆さんです、雨降らなくて良かったですね。
PICT0072.1.jpg


2007_06_18


3日はお店でもF大学ダイビングサークル Finsのメンバー15名の皆さんを相手に学科講習などをしました、狭い店内は1Fも2Fも人でいっぱいでした(笑)
皆さん私の娘と同じとしかそれ前後の方々ばかりで私とはかなり年代が違いますが新入生も会って話しするのも3回目となるとかなりなれてきまして講習中に私が言います高等なジョークにも(爆)、かなり反応してくれるようになってきましたし、5時間以上にも及ぶ学科やセッティングなどの講習中は居眠りもなく質問など沢山してくれて講習やってる私も楽しくすごすことができました。
そうそう腹減ったと言った私にカレーパンを頂きました、マヤさんありがとうございました(笑)

これは実物を見せてJバルブとKバルブの違いを説明した後にセッティングをさせてるところです。
070603_1720~01.jpg


終了後女の子達が店の前で写真撮っていたのですが私が後ろからそっと背後令みたいに近づいて変な顔して一緒に写ったのでした、あとで見てびっくりしたと思います(笑)
皆さん学科無事に終了して良かったですね。
200706031910000.jpg


次回は今度の土日、午前中は学科が終わってないメンバーの講習、午後からは2班に分けてのプール講習です頑張ってください。

2007_06_04


05  « 2007_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

エターナル・ブルー

Author:エターナル・ブルー
スキューバダイビングサービス エターナルブルーの雑用係

イケイケダイビング大好きのおっさんです(^^)/

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top