FC2ブログ



忙しく無さそうで何かと暇がない昨今、PCの前にいる暇がなく更新が今日になってしまいました、申し訳ない。

前に書いた男女群島の船賃ですが、これって釣り人では常識中の常識でして当たり前すぎるくらいです、この金額を桁外れとか、バカじゃないかとなんて言うダイバーは「井の中蛙、大海を知らず」なのですよ。
しかも年末年始とか、GW、連休前後は早くから予約しておかないと乗船できません、年末年始はほとんどの方が1年前くらいから予約(帰るときに来年の予約をして帰る)を入れておられます。
男女行きの許可船はその許可を取るための法定装備品を含めると1船建造するのに1億円以上かかります。性能も桁外れですが中は簡易ベッドがありエアコン完備、シャワーに水洗トイレが有ります。
全長25m(75フィート)も有る船体を最高速度45ノット前後、巡航速度33ノット前後どの船もでます、沖縄なんかのダイビング船とは性能と居住性が違いすぎます。

さて、この船賃ですが現在は組合の取り込めで1泊2日で35000円、2泊3日で45000円、肥前鳥島はこの金額に各5000円プラスです。
でもこれって1泊2日で80000円って時代が長くあったのですよ、しかも10回回数券まで売っていました。
信じられますか?1シート10回分で72万円(結構な数売れていた)
25年位前のお話です、そのころの80000万円ですから今だったらいくらくらいでしょうね、しかもその金額出して男女群島に行っても俗に言うA級ポイントに上がるには更にポーターに「袖の下」、チップが必要だったのです。
最初そんなことしらない私たちは、ポーターにA級ポイントに行きたいと言って「ふざけるな!、顔洗って出直せ!」などと言われて瀬付け前の礒際の大シケの船首、ホースヘッドの上でポーターと殴り合いの大げんかしたことが何度もありましたよ(笑)
私も若かったんですね~~~。。。

こんな事も有りました。
男女群島から帰ってきて船から荷物を降ろし終わりました、一緒に行っていた大阪からの遠征組がいましたが、今帰ってきたその船が今夜また客を乗せて男女群島に行くと知ったその大阪組(3名)棺桶みたいな大きなクーラー満タンに釣ってる魚を全部私たちにクーラー事やるよと置いて新しいクーラーを買いに釣具屋に向かいました、そしてその夜また折り返し男女群島に行きました、すげ~~~と思うと共に呆れ果てましたよ。
ちなみにその大阪組、3名とも回数券持ってました。

P1010003.1.jpg


写真は男女群島最新鋭&最速の「ビッグ波羅門キング」、エンジンは800馬力×3基です)
後方は日本中の礒釣をする者なら一生に一度で良いから上礒してみたいと誰でもがおもう「帆立岩」「sos」、しかしながらこの周辺は激流といえるほど潮の流れが速く、しかも起伏に富んだ海中のために複雑な潮の流れをする。少しの風でも直ぐに大シケとなり危険なことでも超A級です。

スポンサーサイト



2006_02_27


01  « 2006_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

エターナル・ブルー

Author:エターナル・ブルー
スキューバダイビングサービス エターナルブルーの雑用係

イケイケダイビング大好きのおっさんです(^^)/

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top